Q&A


ジェネリック医薬品購入ガイドとは何ですか?
よく薬剤師の先生方等から、ジェネリック医薬品を採用したいが、どの製品をどれだけ揃えればよいのかわからないというお話を良く聞きます。しかしながら、そういった場合に先生方にご活用いただけるシステムがいままでありませんでした。今回ジェネリック医薬品を積極的に考えてきた日本調剤グループである日本ジェネリック株式会社だからこそできるシステムとして構築いたしました。月間処方せん枚数と応需診療科を入力するだけで、必要な日本ジェネリック株式会社の製品と必要数が検索できます。

▲ページトップへ

ジェネリック医薬品購入ガイドはジェネリックガイド(日本調剤株式会社)等のジェネリック検索システムとどう違うのですか?
日本調剤株式会社のホームページより利用できるジェネリックガイドやその他のジェネリック検索システムは患者様向けの薬剤費や自己負担の軽減の確認を目的とするジェネリック製品検索システムです。今回の日本ジェネリック株式会社がご提供する「ジェネリック医薬品購入ガイド」は、以前より積極的にジェネリック医薬品の切り替えに取り組んできた調剤薬局である日本調剤株式会社での実績を活用した、患者様向けではなく薬局薬剤師の先生方等のジェネリック医薬品採用担当者様向けの検索システムです。

▲ページトップへ

ジェネリック医薬品購入ガイドはどのような機能・特徴があるのですか?
薬局で受理する月間処方せん枚数と、受け付ける処方せんの診療科割合を入力することで、日本調剤株式会社で使用されているジェネリック医薬品のデータを元に、必要な日本ジェネリック株式会社の製品名と必要数(最小包装単位換算)が判定できます。
検索結果は印刷することにより取引卸への発注資料としても活用できます。
すなわち、複数の診療科の処方せんでの調剤が多い薬局様においても、その診療科で必要な製品を必要な数だけ発注することができるシステムです。

▲ページトップへ

日本ジェネリック株式会社の製品の特徴は?
日本ジェネリック株式会社は日本調剤グループのジェネリック医薬品製造販売会社です。 調剤薬局グループだからこそできる製造会社として、市場での汎用性の高いジェネリック医薬品の発売、薬剤師の先生方からのダイレクトなご意見・ご提案、また患者様の声のスムーズな反映等心がけております。
日本調剤株式会社での多くの使用実績からみても、安心してご使用していただける製品を揃えております。

▲ページトップへ

そこまでしてジェネリック医薬品を採用しなければならない理由は?
社会保障費が高沸していく折、医療費削減の中心となっているのがジェネリック医薬品の普及促進です。今までも普及促進のための施策が採られてきましたが、2009年9月の薬価調査時で20.2%(数量ベース 厚生労働省)と、一向に進んでいないことが再認識されました。
ジェネリック医薬品の普及促進を進めるため、診療報酬・調剤報酬改定において、後発医薬品調剤体制加算が数量ベースに変更になり、また療養担当規則においても、さらなる後発医薬品の使用促進項目が盛り込まれる等大きく変ろうとしております。すなわち今まで以上に積極的にジェネリック医薬品を進めることが要求されております。

▲ページトップへ

ジェネリック医薬品購入ガイドの操作方法は?

以下のような流れで、必要な日本ジェネリック株式会社の製品と必要数が検索できます。

  • まず、貴薬局での一ヶ月の処方せん枚数を記入し、応需診療科の割合を指定してください。診療科は5つまで同時に選択できます。
  • 検索クリックで、指定した診療科の比率に合わせた使用頻度の高い日本ジェネリック製品名と在庫期間における必要製品数(最小包装単位換算)が表示されます。表示された製品をクリックすることにより、各製品の医薬品情報を見ることもできます。
  • 在庫期間は2週間または1ヶ月を選択できます。
  • 必要により製品を指定し、絞込みを実施することも可能です。
  • さらに特約店を選択のうえ、ご注文シート作成をクリックすることにより、ご注文シートが表示されます。プリントアウトにより製品発注の際の注文書としてご活用下さい。

▲ページトップへ